雑誌で知る女たち

girl lying supine

「うちには女の子いっぱいいますよ!」と宣伝しているテレクラは数多くあります。
もちろんこの大消費社会に生きている我々は、そういう宣伝を素直に受け入れるよりもまず、「ほんとかよ?」と疑ってみるのが大事です。もしかしたら、誇大広告とまでは言わなくても、ちょっぴり大げさに言っているかもしれないからです。仙台で、「マジで出会いを求めてるんだ俺は」という人は、そのテレクラがどうやって女の子を集めているのかということも、きちんと知っておきましょう。
「いっぱいいますよ!」という宣伝をする資格を持っているテレクラのサイトは、たとえば女の子たちが読む「雑誌」に、女の子向けの広告を入れています。実際に、仙台の街にある本屋さんにでも行って、女の子向けの雑誌を読んでみるとわかりますよ。ファッション誌とかレディコミといった雑誌に、広告が載っているということが。
ギャル系のファッション誌なんかには、とくに広告が多いみたいです。仙台の街に生息しているギャルの女の子というのは、要するにエッチなことに開放的な尻軽ガールたちですから、テレクラもすんなり広告に従って利用するし、いざ電話で出会うとすぐに「てか会う?」という話になると思います。
あるいは、性的に飢えまくっている仙台の人妻層にアピールするべく、レディコミにはテレクラの広告が充実しています。
レディコミというのは、女の子向けのエッチマンガが掲載されている雑誌のことで、主婦の女性はよくオナニーネタにするために買っています。そして、オナニーではもう満足できない!となった人妻たちが、テレクラの広告を見ているんです。